« ブッフバルト、アーヘン監督を解任される | トップページ | 指定管理者制度のカラクリ »

2007年11月29日 (木)

マスターカードのCM気になる

 マスターカードのCMで、大竹しのぶさんが娘(役の人)とふたりでジャズクラブに行って、なんだか話が盛り上がっているというシーンがある。

 ジャズクラブは基本的にジャズを聴いて楽しんでいる人が多いと思う。全く話してはいけないという不文律ではないと思うが、でも小さからぬ声でずっと話しているという日本人が雰囲気を壊していそうで怖い。別に日本人でなくてもいいが、異国人が空気を読めずに文化を壊している話は時々聞くので、そんな悪いお手本にならなければいいな、などと感じるのである。

|

« ブッフバルト、アーヘン監督を解任される | トップページ | 指定管理者制度のカラクリ »

コメント

その通り!ジャズのライブハウスは演奏を聴くところです。

ニューヨークから帰ってきたばかりです。5晩で6つジャズライブハウスを回りましたが、日本人はおしゃべりをしている人が多い!

「ジャズクラブ」でなく、あれは「ジャズ演奏つきのナイトクラブ」としてほしいです。ジャズクラブでおしゃべりをしていいと思う日本人が増えないことを祈ります。

投稿: ふにゃこ | 2007年12月 2日 (日) 15時59分

やっぱり、というか典型的な状況でがっかり。話をしたいだけならもっと違う場所とかシチュエーションでもいいと思うのですが、あえて場違いなところに突入して「ニッポンジン」のレッテルを作ってしまうのですね。周囲の冷たい視線が見えないのかな……それに気付くくらいなら喋らないか(笑)。

投稿: インディ我戸川 | 2007年12月 3日 (月) 01時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186011/17227245

この記事へのトラックバック一覧です: マスターカードのCM気になる:

« ブッフバルト、アーヘン監督を解任される | トップページ | 指定管理者制度のカラクリ »