« 分かりやすい“件名” | トップページ | 物事の単純化は後から影響する »

2014年9月30日 (火)

小さな充電池

 ヤマダ電機の500円券が9月いっぱいなので、かみさんにまた単3型ニッケル水素充電池を買ってきてもらった。
 かみさん曰く、「容量は90mAh少ないけど2万回使えると書いてあったから18000回よりいいと思って」。2万回?いつの間にそんな大胆な進歩を?2千回ではなくて?
 見たら2千回だった。それでもかつて500回だったことから考えると結構な進歩である。
 2万回充電できるとしたらそれは売りになるのか考えた。充電にぼちぼち時間を要するので1日1回充電するとして、1年で365.25回、10年で3652.5回、54年9か月余り使える。いくら充電池とはいえそんなに長く使うか?
 それで思い浮かんだのが例の歌だった。
 小さな単3充電池 おじいさんの電池
 100年いつも働いていた ご自慢の電池さ
 おじいさんの生まれた朝に 買ってきた電池さ
 いまは もう 0ボルト その電池
 100年休まずに 放電充電
 おじいさんといっしょに 放電充電
 いまは もう 0ボルト その電池

「いまはもう動かない」じゃないの?とかみさん。電池は動きませんから。残念。

|

« 分かりやすい“件名” | トップページ | 物事の単純化は後から影響する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186011/60401832

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな充電池:

« 分かりやすい“件名” | トップページ | 物事の単純化は後から影響する »