2008年12月 6日 (土)

ホンダにがっかり

 ホンダのF1撤退にはがっかりである。

 撤退だけの話ではない。最近のホンダのF1に対する姿勢は「やめられなくなったからとりあえずやってる」といった感じであった。ロス・ブラウンがフェラーリから来てその実力を発揮したのは、雨が降ったり止んだりで混乱したレースで思い切ったタイヤ選択をしてバリチェロが3位入賞したシルバーストーンの時だけである。かつてフェラーリが独自の天気予測でインターミディエイトタイヤを駆使して勝ったあの頃を彷彿とさせた。溜飲を下げられたのはその時だけである。

 ホンダはそもそもモノコックに手を出すべきではなかった。BARのノウハウを継承するとはいえ、本来得意な部分とは違う。ホンダはエンジン供給に集中し、フレームは別の専門チームをとにかく引き込むべきであった。

 本田宗一郎のねちっこさを考えると、スポンサーをなんとか集めてとにかくレース出場を継続しようとしたに違いない。ホンダの魅力は、レースのノウハウを持っていることにあるのである。

 頭エンジンのFF、ミニモーターを先頭にくっつけた箱みたいな車だらけのホンダのラインナップは、レースと切り離されたらまるで魅力的ではない。良さそうなのはNSXとS2000とレジェンドくらいである。ホンダは自らの商売が下手なのをレースイメージで保ってきたそのことを知らないらしい。

 ホンダの精神はどこに行ったのか。かっこいいホンダはもう見られないのか。

 今のホンダ経営陣に聞きたい。
「Do you have a HONDA?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

鈴鹿のF1が見たい

 富士スピードウェイでF1のレースを行ってもつまらない。F1は鈴鹿のほうがずっと面白い。

 そしてホンダの奮起を願う。来年こそは速い車を作ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

フェリペ・マッサ

 雨が降ったら、インターミディエイトではなくエクストリームウェットをずっと履かせてあげたほうがいいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)